新渡戸文化小学校

新渡戸文化小学校の公式アカウントです。自分たちの取り組みのみならず、世の中のユニークな学校の取り組みや先生のこと、公教育について幅広くお伝えしていければと思っています。

新渡戸文化小学校

新渡戸文化小学校の公式アカウントです。自分たちの取り組みのみならず、世の中のユニークな学校の取り組みや先生のこと、公教育について幅広くお伝えしていければと思っています。

    マガジン

    • 学校の、なかのひと

      学校の中にいる素敵な人を、その想いとともに紹介するマガジンです。新渡戸文化小学校の「なかのひと」を始め、様々な学校、公教育に関わる方を紹介していきます。

    最近の記事

    「町に住む幸せ」ってなんだろう、6年生が東北で考えた

    岩手県は大槌町を3泊4日で巡る6年生の修学旅行。前回紹介した子どもたちがそれぞれに選んだ体験プログラム以外に、もう1つ大きなプログラムがありました。正解のない問いに、子どもたちがそれぞれ意見を紡ぎながら挑む「決断のワークショップ」です。 子どもたちには、それまで大槌の町の景色を見たり、震災当時のことを解説してもらったりする機会が何度もありました。すべてが流された土地に建てられた東日本大震災津波伝承館では、当時の映像や被災した車、道路標識などを見ました。伝承館の近くに残された

    スキ
    30
      • 東北へ行った6年生、生きる意味を問う修学旅行

        「染原さん、修学旅行に行きませんか」 新渡戸文化小学校の遠藤崇之校長補佐から、同校note編集部の染原がお誘いを受けたのは、2021年度も終わりにさしかかる3月末。「修学旅行、ですか?」と一瞬戸惑う私に、遠藤さんは「6月に6年生と岩手県大槌町へ行くんですよ」と続けます。新渡戸文化小学校の数々のユニークな取り組みを先導している遠藤さん。その人が「是非」という修学旅行が面白くないはずがありません。二つ返事でOKし、梅雨入り直後の6月下旬、6年生61人とともに、岩手県の大槌に踏み

        スキ
        47
        • 怒るのは大人の都合、「待つ」ことに決めた校長の話

           こんにちは、新渡戸文化小学校note編集部の染原です。「学校の、なかのひと」と題して、新渡戸文化小学校で働く人や、そこに留まらない様々な学校の「なかのひと」を取り上げていく連載。2人目は新渡戸文化小学校の杉本竜之校長です。  杉本さんは2020年4月に同校の校長に就任しました。一度教員としての定年を迎えていたにも関わらず、引き続き教育現場の第一線に留まるという決断をして、新渡戸文化学園に赴任。その決断の背景には、新渡戸文化学園が学園全体で取り組む「自律型学習者」を生み出す

          スキ
          55
          • 「子どもに“将来の夢”を求める功罪」について、ピアニストの西川悟平さんに聞いてみた

            こんにちは、新渡戸文化小学校note編集部の染原です。 先日、東京2020パラリンピックの閉会式で「What a wonderful world」を演奏した西川悟平さんが来校し、公演会を開いてくださいました。 公演といっても、演奏のみならず、様々なお話で子どもたちを楽しませる会。「泥棒と心を通わせたニューヨークの夜の話」「音楽室で立たされた話」「映画の世界が実現した話」、多種多様な話を織り交ぜながら、話の合間には力強い演奏が繰り広げられました。 今回はそのときのお話を少

            スキ
            32
            • 東北へ行った6年生、生きる意味を問う修学旅行

              スキ
              47
              • 怒るのは大人の都合、「待つ」ことに決めた校長の話

                スキ
                55
                • 「子どもに“将来の夢”を求める功罪」について、ピアニストの西川悟平さんに聞いてみた

                  スキ
                  32

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 学校の、なかのひと

                  • 3本

                  学校の中にいる素敵な人を、その想いとともに紹介するマガジンです。新渡戸文化小学校の「なかのひと」を始め、様々な学校、公教育に関わる方を紹介していきます。

                • 学校の、なかのひと

                  • 3本

                  学校の中にいる素敵な人を、その想いとともに紹介するマガジンです。新渡戸文化小学校の「なかのひと」を始め、様々な学校、公教育に関わる方を紹介していきます。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 誰かに評価されるのではなく、自分で自分を評価できる人に

                    「学校の、なかのひと」と題して、新渡戸文化小学校で働く人や、そこに留まらない様々な学校や公教育に関わる人を紹介するシリーズ。 第1回目に続き、新渡戸文化学園の理事長、平岩国泰さんにお話をお伺いします。 プロフィール 大人の「仕事」を、子どもに渡そう ——前回、子どもの「自己決定」をサポートすることの大切さをお伺いしました。実現のためには、日頃からもっと、子どもが「自分で決める」「自ら決めたことだ」と思える瞬間をたくさん用意する必要がありますね。 小学校って選べないこ

                    スキ
                    45
                    • 「教える」を手放して、子どもの自己決定を支えたい

                      今回から「学校の、なかのひと」と題して、新渡戸文化小学校で働く人や、そこに留まらない様々な学校や公教育の「なかのひと」を取り上げていきたいなと思っています。 第1回目は、新渡戸文化学園の理事長、平岩国泰さんです。 平岩さんは、2019年に同校の理事長に就任。それまでは民間企業の経営企画や人事部で働く傍ら、2005年から放課後NPOアフタースクール(以下、アフタースクール)の活動を開始、2011年には会社を退職し、教育改革に邁進していました。アフタースクールの運営を担ってい

                      スキ
                      48
                      • 学校を閉鎖したいま、わたしたちが悩みながら考えていること

                        こんにちは、新渡戸文化小学校で校長補佐をしています遠藤崇之といいます。 先週くらいから、世の中のコロナのニュースの多くが学級閉鎖や学校休業に焦点を当てるようになってきました。 私たちの学校もちょうど昨日から学校全体を休業としました。その過程で、いろいろなことを考え、迷い、たくさんの決断をしてきました。 どれくらいの方に役立つか分からないのですが、こんな時だからこそ、当事者からの情報として、また、私たち自身のためにも書き残しておくことにしました。 「ご迷惑をおかけして申

                        スキ
                        61
                        • 「とにかくやってみる」小学校に出会ってしまった話

                          こんにちは、新渡戸文化小学校note編集部の染原(そめはら)です。前回、年の瀬に「はじめまして」をしてから2週間。 誰からもご覧いただけなかったらどうしようとドキドキしていた初回の投稿は、思った以上にたくさんの方からご覧いただき、関係者一同、年初からとっても嬉しい気持ちになりました。ご覧いただいた方、本当にありがとうございます。 早速関係者の方から「こんなことを掲載したらどうですか?」といったアイデアをもらったり、わたしたちの中でも発見があったりして、小さな一歩でも「始め

                          スキ
                          290
                          • はじめまして、新渡戸文化小学校です

                            はじめまして、新渡戸文化小学校note編集部の染原(そめはら)です。今回、新渡戸文化小学校の公式noteを立ち上げることにしました。 このnoteでは、日本中の学校のユニークな取り組みや公教育の営み、それらを考える先生や専門家の方へのインタビューなどを通じて、皆さんが学校について考えるたくさんのきっかけを提供していけたらと考えています。その中で、もちろん私たちの小学校の具体的な取り組みについても、少しずつご紹介していきたいと考えています。 初めての今回は、このnoteを立

                            スキ
                            120